日本近代五種協会ロゴ

近代五種とは

競技説明(オリンピック)

近代五種競技は、近代オリンピックの父と呼ばれるピエール・ド・クーベルタン男爵により創設され、1912年第5回ストックホルム大会から実施されているオリンピック競技です。

 

ペンタスロンスタジアム

スタジアム内に、5種目全ての競技施設を整え、観客は移動することなく楽しむことができます。

 

 

フェンシングランキングラウンド

エペによる1分間一本勝負の総当たり戦で行います。勝率70パーセンを250点とし、1勝あたり6点増減します。フェンシングランキングラウンドは、ペンタスロンスタジアムで行われる競技と別日ですが、金メダルの行方を左右する重要な種目です。

水泳

200メートル自由形で行われます。男女共に2分30秒を250点とし、1秒あたり2点増減します。

フェンシングボーナスラウンド

フェンシングランキングラウンドの順位の下位同士から対戦が始まり、勝ち残りで選手が変わります。1試合30秒1本勝負で、1勝につき1点獲得します。ランキングラウンドとボーナスラウンドの合計点がフェンシングの得点になります。

馬術

貸与馬による障害飛越競技です。騎乗馬は抽選により決定します。12障害15飛越(ダブル、トリプル障害を含む)で行われ、高さは最高で120㌢、300点満点からの減点方式です。拒止(障害の前で止まる)・逃避(障害を避けてしまう)は10点、障害の落下は7点減点されます。

レーザーラン

水泳・フェンシング・馬術の3種目の合計点を1点=1秒として、上位の選手からタイム差でスタートします。射撃は10m離れた約6cmの的に5発的中させます。撃ち終わると直ちに800mのランニング行います。これを4回繰り返し、初めにフィニッシュラインを通過した選手が優勝です。静(射撃)と動(ランニング)の組み合わせから生まれる、抜きつ抜かれつの展開が観戦していて大変見ごたえがあります。