日本近代五種協会ロゴ

TOP選手一覧>選手紹介

選手紹介

近代五種選手

リオデジャネイロオリンピック出場

朝長 なつ美(ともなが なつみ)

1991年 埼玉県狭山市出身。警視庁所属。

学生は水泳、中学校はバスケットボール、高校は陸上の競技経験を持ち、警視庁入庁後の平成24年近代五種競技を始める。初出場の第53回近代五種全日本選手権大会(平成25年)で準優勝。以後第54回、55回と二連覇中。

平成27年6月、中国(北京)で行われた、リオデジャネイロオリンピック予選であるアジアオセアニア選手権大会において第5位となり、オリンピックの出場権を獲得した。
平成28年ワールドカップ第1戦エジプト大会において、個人第6位の日本人歴代最高順位を収めた。