近代3種競技説明

水泳

水泳
RULE
200メートル自由形で行われます。男女共に2分30秒を250点とし、1秒あたり2点増減します。

レーザーラン

射撃
ランニング
RULE
水泳・フェンシング・馬術の3種目の合計点を1点=1秒として、上位の選手からタイム差でスタートします。射撃は10m離れた約6cmの的に5発的中させます。撃ち終わると直ちに800mのランニング行います。これを4回繰り返し、初めにフィニッシュラインを通過した選手が優勝です。静(射撃)と動(ランニング)の組み合わせから生まれる、抜きつ抜かれつの展開が観戦していて大変見ごたえがあります。

近代五種への登竜門

近代3種は水泳とレーザーラン(ランニングと射撃を交互に行う)の3種目。近代五種競技への入門ですが、競技としての醍醐味は存分にあります。また、この近代3種で良い成績をおさめた選手が、その後、近代五種に移り、オリンピックへ出場しています。そういう意味では、近代3種は近代五種への登竜門でもあり、オリンピックへの最初の第一歩という側面もあります。 近代3種競技規則
トップパートナー
JRA
ゴールドパートナー
日清食品
株式会社HEXEL Works
シルバーパートナー
ブロンズパートナー
レーヴこどもクリニック